ライフスタイル

韓国独特の屋根裏部屋

韓国語で「옥탑방」といえば、日本語では「屋根裏部屋」と訳されています。

韓国ドラマを見ると屋上に部屋が作られ、そこで生活をしていますよね。

実際、韓国でそこに、住んでいる方々もいます。いったいどんなものなのでしょうか?

韓国の屋根裏部屋

日本では「屋根裏部屋」といえば、室内をイメージしますが、韓国では、ビルなどの所有者が賃貸として他人に貸している場合が多いようです。

これも韓国ならではの文化や韓国人の人懐っこい性格でなせる技かもしれませんね。

屋根裏と半地下

屋根裏部屋のメリット・デメリット

では、実際、生活してみるとどうなのでしょうか・・・実際は、夏はものすごく暑く、冬はものすごく寒いそうです。

また、お風呂はないところが多いようです。トイレは外にある場合も多いとか。

しかしその代わり、家賃は安いです。

半地下とは

また、ご存知の方も多いと思いますが、「반지하」半地下という、半分は地下室という部屋もあるそうです。

これは韓国のバラエティーなどで、よく話がでるのですが、売れる前の芸能人が住んでいるようですよ。

「屋根裏部屋」よりも家賃が安いそうですが、日は当たらないし、ジメジメしているところもあるそうです。

工夫次第ですがやはり無理もあるようなので、借りるのは避けたほうがいいかも知れませんね。

韓国で部屋探し

部屋探しのポイント

これから韓国に長期滞在する方などは、オフィステルやワンルームなどをオススメします。

好みもあるので、ご自分でしっかり家探しをするといいでしょう。

さらに韓国人の友達がいるのなら、一緒に行ってもらうこともオススメします。

言葉が理解できればいいのですが、理解できないととんでもないことになるそうです。

実際、私の日本人の友人も留学で韓国に行ったのですが、部屋を借りるときは韓国人の友人を連れて行ったそうです。

文化の違いに注意

文化や習慣が違うので、日本の考えでいくと失敗しますので、よく調べていくこと即決しないことなど頭にいれて、部屋探しをしてくださいね。

もちろん、経験として「屋根裏部屋」に住んでみるのもいいと思いますが、条件をよく聞き、韓国ライフを楽しめる環境なのかも重要ではないでしょうか?

「屋根裏部屋」のメリットとデメリットをご自身でも、是非確認してみてくださいね。

会話

: 민우가 돈이 없어서 옥탑방에서 살기로 했대.

ミヌがお金が無くて、屋根裏部屋で住むことにしたって

: 진짜? 그럼 집들이 해야겠네.

マジで?とりあえず、引越し祝いしなきゃね

: 응. 그럼 내일 휴지라도 사러 가자.

じゃあ、明日トイレットペーパーでも買いに行こう

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP