韓国の文化・習慣・歴史

韓国でも嫁・姑・・・

幸せな結婚生活のはずが、嫁VS姑の戦いが発生するのは日本でも韓国でも同じようです。

日本とは結婚のスタイルが違う韓国の嫁・姑事情をのぞいて見ましょう。

韓国の結婚式

皆さんもご存知のように、韓国の結婚式は「バイキング」スタイルが多く、両家の親戚をはじめ、友達・会社の同僚にと数多くの人々が参加するようです。

ご祝儀なんかも日本よりはかなり安いようです。

嫁VS姑

また、結婚後・・・これは世界共通といっていいでしょう。「嫁VS姑」もあるそうです。

ただ、少し違う点といったら、やはり韓国男性は「嫁」より「母」を選ぶ事がほとんどとか・・・

文化の影響もあるでしょう。儒教の国と言われるがゆえ、年上を敬うことはもちろんのこと、従わざる負えないのかもしれませんね。

よく韓国ドラマでも見かけると思います。「姑」が「嫁」を・・・そして、「嫁」が反撃!?なんてシーンはよく見ますね。

実際には、わかりませんが、もっとドロドロしているかもしれませんね。

カプジルとは

また、最近では「カプジル(갑질)」という言葉も。これは「嫁VS姑」というよりは、韓国社会を表しているようです。

甲乙の甲が乙に命令したり、従わせたり。強者と弱者を表している言葉のようです。

某航空の事件がありましたが、これが「カプジル」に当たるようですよ。

また、他にも最近、韓国のニュースを見ると「カプジル」は色々なところで起きているようです。

韓国の出産事情

しかし、一般的家庭においては、韓国でも日本のように核家族が進み、少子高齢化社会が問題となっているようです。

韓国では少子高齢化のことを「低出産高齢化(저출산고령화)」と言われているようです。

日本でも問題になっていますが、お隣でも同じようなことが起きているようです。

子供は宝といいますが、現代社会の縮図は、子供を育てにくい環境になっているのは、韓国でも同じようです。

結婚は問題だらけ?

話が少しそれてしまいましたが、日本でも韓国でも、「嫁VS姑」問題をはじめ、結婚年齢は遅くなったりと、結婚に対する意識が変わってきたことは間違いないでしょう。

また、子供を授かり育てていくことが厳しい社会という現実は避けられないのかもしれませんね。

今日は少し堅苦しい話となってしまいましたが、「結婚」はどこの国でも、何かしらの問題があることは言うまでもないのではないでしょうか?

会話

:나 결혼하기로 했어.

私、結婚することにしたよ

:와! 축하해.

わお!おめでとう!

:그런데 문제가 좀 있어. 시어머니가 무서워서…

でも、問題があるんだよね・・・義理母が怖くて

今回の韓国語での表現は、覚えられましたか?(韓国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

発音記号を見てもよくわからない。」「独学で韓国語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがハングルドットコム韓国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で韓国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP