韓国の社会

韓国の徴兵制度

韓国に有って日本に無い制度といえば徴兵制度です。日本人にはなじみが無いのでピンと来ない人も多いですよね。

そんな韓国の徴兵制度を見てみましょう。

韓国と北朝鮮 

韓国は北朝鮮と休戦中であることは皆さんご存知ですよね。

1950年に北朝鮮が朝鮮半島の主権を握るため国境を越えてきたことから始まった朝鮮戦争は1953年に休戦に至りその状態がまだ続いているのです。

そのため韓国の健康な男性は18歳を超えると兵役につく義務が課せられています。

徴兵制度の現状

休戦後すぐの兵役期間は36ヶ月でしたが、期間は少しずつ短くなっているようで最近は21ヶ月から24ヶ月ぐらいに短縮されています。

部隊は陸軍、海軍/海兵隊、空軍、公益勤務要員と幾つかに分かれています。

その中でも海兵隊は上下関係が厳しく訓練も相当ハードであることから、韓国人男性にとって一種のステイタスとされ、人気がある部隊だといいます。

最近ではヒョンビンが海兵隊を除隊したことで大きく取り上げられました。

いかに期間が短くなったとはいえ多感な20代の2年間。家族や友達、恋人と別れて入隊することになります。そこで辛いのは恋人に会えないことですよね。

入隊するのは大学1年生を修了した後が多いといいますから、死に物狂いで勉強し大学に入学した後、ようやく恋人を作って青春を謳歌し始めた矢先での天国から地獄。

韓国人男性は大変です。

韓国語の会話

男性は男ばかりの世界に入隊するので彼女の浮気が目下最大の悩みですよね。

入隊前の恋人同士の会話をちょっと覗いてみましょうか。

남자 : 내일이면 나 이제 입대해. 몸 건강하게 잘 지내. 면회 자주 올꺼지?

男:明日になればもう入隊だよ。体に気をつけて過ごして。面会何度も来るだろう。

여자 : 응. 자기도 군대가서 다치지 말고. 

女:うん。あなたも軍隊で怪我しないで。

남자 : 너무 보고 싶을 것 같아. 설마 고무신 거꾸로 신는건 아니겠지?

男:すごく会いたくなると思う。まさかゴム靴を反対に履いたりしないでしょ。(他に男を作ったりしないでしょ。)

여자 : 무슨 소리야? 자기나 군화 거꾸로 신지마.

女:なんていうこと言うの。あなたこそ軍靴を反対に履かないで。(他に女を作らないで。)

おもしろい浮気の表現方法

ゴム靴

고무신을 거꾸로 신는다(ゴムシヌゥル コックロ シンヌンダ)という表現が他に男を作るという意味になる説には幾つかあるようです。

例えば、ゴム靴は伸縮性があるので左右あべこべに履いてもあまり違和感がないことから、男性が軍隊に行ってしまえば新しい男性を作ることはゴム靴を左右逆に履くように簡単だという意味。

また軍隊に行っている間に新しい男性と会っていたが突然彼氏が現れ慌ててゴム靴を左右逆に履いてしまったという説。

そのほかにも幾つか説はあるようですが、昔から使われている表現です。

軍靴

また最近では面会時に彼女以外の女の子が現れ仲良くなってしまう逆バージョンも多くなっているそうで、군화를 거꾸로 신는다(グンナァルル コックロ シンヌンダ)とゴム靴を軍靴に置き換えた表現も使うそうです。

韓国の男性にとっては逃げることの出来ない兵役義務。

韓国女性からすれば軍隊の話をする男性には飽き飽きしてしまうそうですが、そんなチャンスがあればじっくり聞いてあげてくださいね。

少し苦労が報われるんじゃないでしょうか。

今回の韓国語での表現は、覚えられましたか?(韓国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

発音記号を見てもよくわからない。」「独学で韓国語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがハングルドットコム韓国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で韓国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP