韓国の社会

韓国の新造語

前回は男性と女性の性格を表す言葉のいくつかをご紹介しました。

今回はその中の女性を表す言葉の由来についてご紹介したいと思います。

味噌女

まず、味噌女된장녀」の由来からご紹介したいと思います。

韓国語の俗語で「젠장」という言葉があります。その意味は物事を失敗したときに言う「クソ」の意味です。

この젠장という言葉が発音の似ている된장に代わって된장녀になったという説があります。

また、된장녀は、味噌汁は嫌がるのにコーヒーは好んで飲むことをからかう意味で、된장녀というようになったという説があります。

さらに、コーヒーと味噌が似た色をしていることから、食事代より高いコーヒーを飲む女性をからかうため된장녀というようになったという説もあります。

どの説を見ても結局된장녀という言葉は見栄えを良くしようとする中身のない女性を悪く表現した言葉です。

では、上記に出た表現が実際にはどのように使われているかを見てみます。

例文

현빈; 젠장, 여자친구가 또 핸드백 사달라고 해.

ヒョンビン:クソ、彼女がまたバッグ買ってくれって。

종민; 사주지 마.

ジョンミン:買ってあげないで。

현빈; 절대로 안사줄거야. 헤어져야지.

ヒョンビン:絶対に買ってあげないぞ。別れるよ。

종민; 된장녀 무섭구나.

ジョンミン:味噌女 怖いね。

醤油女

次は、醤油女간장녀」の由来についてご紹介したいと思います。

韓国語で節約する人俗にいうとケチな人に対ししょっぱい「짜다」といいます。しょっぱいといえば塩と醤油が代表的ですが塩は体に悪いといわれています。

一方で醤油はしょっぱいけど塩よりは体に悪いとはされていません。そこから、醤油女は節約するが常に節約をするのではなく消費においても賢くすると思われるのです。

では、上記に出た表現が実際にはどのように使われているかを見てみます。

例文

희애; 미애야, 우리 밥먹으러 가자. 어디가 좋을까?

ヒエ:ミエちゃん、私たちご飯食べに行こうよ。どこがいい?

미애; 우리집에 가서 먹을래? 밖에서 먹으면 비싸잖아.

ミエ:うちの家に行って食べる?外で食べると高いじゃん。

희애; 그래.

ヒエ:そうしよう。

(식사 후・食事後)

희애; 미애야, 우리 커피마시러 갈래?

ヒエ:ミエちゃん、私たちコーヒー飲みに行く?

미애; 그냥 집에서 마시자.

ミエ:まあ家で飲もう。

희애; 정말 짜다…이 간장녀!

ヒエ:本当にケチだね…この醤油女!

皆さんどうでしたか。男性に対しても味噌男된장남」、醤油男간장남」ということもできます。

ところが、味噌といわれるのはやはりうれしくないですよね。では、また次回お会いします。

今回の韓国語での表現は、覚えられましたか?(韓国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

発音記号を見てもよくわからない。」「独学で韓国語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがハングルドットコム韓国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で韓国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP