韓国の社会

韓国のエリート少数スポーツ主義

日本の人口は韓国の2倍以上。ところがスポーツの世界のメダルの数を見てみると、あれっと思うことがありませんか?

優秀なスポーツ選手を生み出す韓国では、どうやって選手を育成するのか気になりますね。

エリート少数スポーツ主義

日本の人口は約1億2000万人、対する韓国は約5000万人。

『日本は人口が多いのにどうしてメダリストがそんなにいないんだろうねぇ。』

これは夏のオリンピック時に韓国の義母が発した言葉。

相手が日本だとほかの国以上に敵対心を見せ、愛国心をあらわにしてくるようです。

そんな反応にもう慣れっこな私は軽く聞き流すことができるのですが、実際、野球、サッカー、ゴルフにスケートと韓国選手の活躍を容易に目にすることができるのも事実です。

日本と韓国の小学生 

小学校からエリートスポーツ主義

日本では文武両道という言葉があるように、小学生のうちから勉強とスポーツは両立していくことが一般的です。

対する韓国はエリートスポーツ主義と呼ばれるように、子供のうちにスポーツに才能があることを見い出されれば、勉強はそっちのけでスポーツに専念するような仕組みとなっています。

野球の世界

例えば韓国は野球も強い国ですが、野球部のある高校が日本では約4000校であるのに対し、韓国は約50校しか存在しません。

これは野球の能力が高いと見込まれた選手のみがそういった学校に進学し、プロ入りを目指すトップアスリート予備軍として構成されることになるからです。

趣味で野球を楽しむ学生がそういった高校に進学することは皆無なのです。

小さい頃から将来の道を決定して専門のトレーニングを受けることにより、韓国人が各スポーツ界で良い成績を収めることには成功したようです。

アジア大会以上の大会でメダルを取ると兵役が免除になるという制度も一役かっているのかもしれません。

エリート主義の弊害

ただこういったエリート少数スポーツ主義には様々な支障も出てきているんです。

それは子供の時から勉学をおろそかにしてスポーツに集中してきたため、怪我等でその道が阻まれた際、スポーツからだけでなく社会からドロップアウトしてしまうこと。

また韓国トップクラスのレベルアップには適しているが底辺は拡大しない、つまり全てのスポーツ人口を高め後に続く選手を輩出することが難しいということです。

韓国語での会話 

선생님: 지민아 너 운동부냐? 어떻게 이런 점수가 나올 수가 있니?

先生: ジミン、お前は運動部か。 どうしたらこんな点数が取れるんだ。

학생: 샘. 너무 하시네요. 전 매일 수업을 잘 듣는 모범학생인데..

学生: 先生、ひどいですね。僕は毎日授業をちゃんと聞いている模範生ですよ。

선생님: 수업만 잘 들으면 뭐해! 시험도 잘 봐야지. 수업도 안 듣는 축구부 태랑이가 너보다 점수가 더 좋다. 어떻게 된 거야? 반성해야겠다.

先生: 授業だけちゃんと聞いててどうするんだ。テストでもいい点を取らなきゃ。授業も聞かないサッカー部のテランがお前より点数がいいぞ。どうなってるんだ。反省しなきゃな。

너 운동부냐(ノ ウンドンブニャ)部活をしている学生はスポーツのエリートなので勉強はほとんどしないようです。

だから学生の成績が悪ければ先生が冗談でこのように聞くことがあるらしいですよ。

(セン)先生の略です。とても仲の良い先生にのみ使用可能な略語です。

スポーツで日韓歩み寄り

野球にしろサッカーにしろ日韓戦は韓国で大人気です。その盛り上がりはほかの国の比ではありません。

機会があれば日本にいる韓国の友達と一緒に日韓戦を観戦してみてください。

私たちは日頃あまり感じることのない愛国心を感じることになると思いますし、勝負の最後にはお互い相手の国を称えることになると思います。

そうして一歩一歩歩み寄っていくことが大切ですよね。

今回の韓国語での表現は、覚えられましたか?(韓国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

発音記号を見てもよくわからない。」「独学で韓国語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがハングルドットコム韓国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で韓国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP