韓国語の表現

韓国語表現・つく②

今回は前回予告したように「つく」の第2回目の説明として漢字で「点く」と「着く」と書く例をご紹介したいと思います。

点く

灯りが点く」や「テレビがついている」など電気製品のスイッチを入れて「つく」場合には「켜지다」という表現を使います。

では、実際の例を見てみましょう。

例文

희애:미애야, 컴퓨터 불이 안 켜져. 고장났나? 왜 이러지?

ヒエ:ミエちゃん、パソコンの電源がつかないけど故障したのかな?どうしたのかな?

미애:정말이네. 출장 서비스 불러야겠다.

ミエ:本当だね。出張サービスよばないと。

희애:갑자기 왜 고장났을까. 출장 서비스, 안 비싸야 할텐데.

ヒエ:なんでいきなり故障したのかな。出張サービス高くなければいいのに。

미애:괜찮을거야.

ミエ:大丈夫だと思うよ。

再び電気が通る

スイッチを入れて電気がつくのではなく、停電などで電気が再び通るようになってついた場合には「들어오다」という表現を使います。

では、実際の例を見てみます。

例文

희애:어, 이제 컴퓨터 불 들어왔다.

ヒエ:あら、もうパソコンの電源ついたよ。

미애:다행이다.

ミエ:よかった。

희애:응, 출장 서비스가 생각보다 안 비싸서 다행이다.

ヒエ:うん、出張サービスが思ったより高くなくてよかった。

미애:그러게 말이야.

ミエ:そうだね。

到着する

目的地やゴールに着く場合には「到着する」という意味での「도착하다」という表現を使います。

では、実際の例を見てみましょう。

例文

희애:미애야, 어머니 언제 오셔?

ヒエ:ミエちゃん、お母さんいついらっしゃるの?

미애:곧 도착하실거야.

ミエ:もうすぐ着くと思うよ。

희애:정말? 집 청소 해야겠다. 얼른 창문부터 열어야지.

ヒエ:本当に?家の掃除しなきゃ。早く窓から開けよう。

미애:괜찮아. 신경 쓰지마.

ミエ:大丈夫だよ。気にしないで。

届く

足が床につく」のような場合には「届く」の意味での「닿다」という表現を使います。

では、実際の例を見てみましょう。

例文

희애:미애야, 나 다리가 짧은가봐. 의자에 앉으니까 바닥에 다리가 안 닿아.

ヒエ:ミエちゃん、私足が短いみたい。椅子に座ると床に足がつかないよ。

미애:의자가 높아서 그런거야. 다리 안 짧으니까 걱정하지마.

ミエ:椅子が高いからだよ。足短くないから心配しないで。

희애:그렇지? 의자가 높은거야.

ヒエ:そうだよね?椅子が高いよね。

いかがでしたか。

点く・電気が通るの例を見ると「電源がつく、入る」という表現が韓国語だと「불이 들어오다」として「火が入る」といいます。

私が日本人の友たちに「火が入る」と言ったときの友達の表情がまだ忘れられません。

では、また次回お会いしましょう。

今回の韓国語での表現は、覚えられましたか?(韓国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

発音記号を見てもよくわからない。」「独学で韓国語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがハングルドットコム韓国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で韓国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP