韓国の文化・習慣・歴史

韓国の結婚式

紆余曲折の末に結婚したドラマの中の主人公を見ては興奮し、シンデレラを夢見る私たち。

シンデレラを永遠に幸せにする王子様が主人公の男性だとしたら、シンデレラの幸せを公式化する運命の場所が結婚式場です。

では韓国の結婚式はどんなものなのでしょうか?

顔も知らない祝賀客が何百人?

しかし、韓国の結婚式場の風景がまったく違うことに、日本のドラマファンはまたしても驚かされてしまいます。

西欧の結婚式と似ているようでいて独特な韓国の結婚式の風景は、韓国文化を理解していなければ、結婚式に出席しても針のムシロと化してしまうでしょう。

日本の結婚式と韓国の結婚式の最も大きな違いは?と言うと、新婦の友人たちの服装です

服装

日本で友達の結婚式に出席する場合の平均的な服装は、アップにした髪、ドレスにショールを巻いたスタイルが基本ですね。

しかし、韓国では主人公の新婦より美しく着飾ることはルール違反です。

もし髪をアップにして、ショールを巻いたドレス姿で友達の結婚式に出席したら、「あなたが結婚するの?」と皮肉られてしまうことでしょう。

【祝い金】

また、毎月、毎週、ある週には1日に2~3件も結婚式に出席しなければならない韓国人の懐事情を心配する人もいます。

それもそのはず、親しい度合によって少しずつ違うが、祝い金を3万ウォン~10万ウォンは考えなければいけないのだから、負担にならざるを得ませんね。

【招待客とのつながり】

しかし、韓国は昔の農耕社会の時代から「품앗이プマシ)」という風習があって、きつい野良仕事を互いに助け合いながら、人手を貸したり借りたりしてきました。

それで親しい友人だけでなく、遠い親戚、会社の同僚、隣家のこどもの結婚式など、何かしらのつながりがあれば出席することが儀礼的となったのです。

だから、平均何百人もの人が出席する結婚式場では、主人公の新郎・新婦さえ祝賀客の一部は誰だか分からない場合が多いんですよ。

【顔をだせばOKな韓国の結婚式】

そのため親交より一種の품앗이(相互扶助)形態の取引の場のような韓国の結婚式場においては、式が行われているのに途中で帰ってしまう人が多いこともおかしなことではありません。

親しい友人や家族が結婚しない限り、その結婚式を最後まで見届けることにはあまり意味がないので、早めに失礼するというわけです。

結婚式

結婚式は写真がメイン?

結婚式というよりバザー会場のような落ち着かない雰囲気の中で、絶え間なくシャッターを切ってはポーズを要求するカメラマン。

そして、それに応える人々の手慣れた感じや熟練さは、やはり「自分撮り」文化に慣れた若い世代の自由奔放さの表われだと言えるでしょう。

だからこそ、あらゆる小物や服を総動員して様々なポーズを研究し、カメラマンに自分の思い通りの場面設定を要求したり、モデルのようになったポーズをとることができるのです。

雁の儀式

韓国の伝統結婚式の式次第の中には、雁が教えてくれる3つの教訓に習おうという意味で、新郎がをささげる儀式があります。

【儀式の理由1】

その理由のひとつ目は、雁が愛の約束を永遠に守るからです。

普通、150年から200年を生きる雁は、つがいの片方を失うと決して他の相手を探さず、ひとりで生きると言われています。

【儀式の理由2】

ふたつ目は、上下の秩序を守ることです。

飛ぶ時も一糸乱れずに飛び、前を飛ぶ雁が鳴くと、後ろからついていく雁も応えて、礼節を守る様を表しています。

【儀式の理由3】

三つ目は、自分の痕跡をはっきりと残す習性があることです。

雁のように夫婦が中睦まじく共に老いることを約束する厳粛な結婚式が、最近はご祝儀と写真を撮ることが目的となってしまったようで残念な面もあります。

しかし、大変な時に互いに助け合うという韓国農耕社会の「품앗이」という風習は、時代は変わっても温かい隣人へのを感じさせてくれますね。

韓国語表現

니가 결혼하냐?(ニガ キョロンハニャ?)- おまえが結婚するのか?

조금만 신경 쓸게.(チョグマン シンギョン スルケ)- ちょっとおめかしするだけよ

会話

미례: 나 미용실 갔다 올게.(ナ ミヨンシル カッタ オルケ)

ミレ: 私、美容院行ってくる。

성광: 니가 결혼하냐?(ニガ キョロンハニャ?)

ソンガン: おまえが結婚するのか?

미례: 조금만 신경 쓸게.(チョグマン シンギョン スルケ)

ミレ: ちょっとおめかしするだけよ。

성광: 빨리 와.(パリ ワ)

ソンガン: 早く来いよ。

미례: 알았어.(アラッソ)

ミレ:わかった。

 今回の韓国語での表現は、覚えられましたか?(韓国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

発音記号を見てもよくわからない。」「独学で韓国語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがハングルドットコム韓国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で韓国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP