韓国グルメ・食文化

韓国の屋台

海外旅行での楽しみの1つには、いつもとは違う街中を食べ歩きすることも欠かせなません。

韓国も繁華街や住宅街問わず、どこの街にも포장마차(屋台:ポジャンマチャ)は必ずあってそこで買ったのを食べ歩きしたり、そのまま立って食べたりする人も多いです。

韓国の屋台

【포장마차 ポジャンマチャ 屋台】

お酒を飲んだりできる포장마차(屋台:ポジャンマチャ)もたくさんありますが、その포장마차(屋台:ポジャンマチャ)の特徴を生かした居酒屋の方が増えています。

おやつ感覚の포장마차(屋台:ポジャンマチャ)を目立つようになりました。

今回はそういった포장마차(屋台:ポジャンマチャ)で楽しめる様々なおやつをご紹介したいと思います。

トッポッキ

떡볶이 トッポッキ

まず、韓国では포장마차(屋台:ポジャンマチャ)に行くと、みんなとりあえず떡볶이(トッポッキ)一人前と어묵(おでん:オムック)を必ず注文すると言ってもいいくらいこれらは定番メニューになっています。

寒い冬、포장마차(屋台:ポジャンマチャ)の前に立ったまま、友達と떡볶이(トッポッキ)一皿を分け合いながら어묵(おでん:オムック)の국물(スープ:クッムル)で体を温めます。

その時のその味は、一度食べると絶対忘れられないくらい、何だか素朴だけど特別な味がします。

一緒に売っている김밥(のり巻き:キムパプ)も頼んで、それを떡볶이(トッポッキ)のソースに付けたりして食べるなど、いろんな楽しみ方もあります。

海苔巻き

떡볶이(トッポッキ)と김밥(のり巻き:キムパプ)

ホットク

【호떡 ホットク】

そしてもう一つ、韓国の冬の屋台と言えば호떡(ホットク)ですね!

食べ歩きにちょうどいい호떡(ホットク)は、生地で砂糖の餡を包み、広い鉄板で揚げるように焼いて、途中で丸い道具で押して平らな形にした、まるでホットケーキのような菓子料理になります。

買い物の間などちょっと小腹が空いたらよく友達を買って食べていましたが、出来立てをすぐ食べるので、中の餡が急に出てきたのが熱すぎて何度も火傷しそうになったのも一つの思い出として残っています。

特に有名な釜山の名物、씨앗호떡(種ホットク:シアッホットク)は韓国では珍しく行列が出来ちゃうくらい人気で、中には餡ではなくアーモンドや向日葵の種、ピーナッツなどが入っています。

そのため、甘すぎず噛みごたえもあるのが好評となり全国的な人気を得て、外国人観光客からも愛されています。

ほっとく

호떡(ホットク)を作る姿

しあっほっとく

씨앗호떡(種ホットク:シアッホットク)

たい焼き

【붕어빵 ブンオパン】 

最後に日本の方にも馴染みのある붕어빵(たい焼き:ブンオパン)です。形などは日本とほとんど一緒で中に餡子が入るのも同じです。

そして韓国でも餡子以外にカスタードやさつまいも味などが販売されるようになっていて、いろんな味を選んで食べられる楽しみもあります。

機械で全く同じ形の붕어빵(たい焼き:ブンオパン)が何個も作られることから韓国では、親に顔などがよく似ている子供を見て“お母さん(お父さん)と붕어빵(たい焼き:ブンオパン)だね~”という表現を使ったりもします。

分おパン

붕어빵(たい焼き:ブンオパン)

韓国旅行でも屋台を楽しむ

不思議にも포장마차(屋台:ポジャンマチャ)の定番おやつは冬に楽しめるものが多いということに改めて気づきました。

同じ韓国でもソウルの포장마차(屋台:ポジャンマチャ)と釜山の포장마차(屋台:ポジャンマチャ)は似ているようで違う部分もたくさんあります。

今度冬に韓国旅行をされる時には、安くておいしい韓国の屋台料理を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

今回の韓国語での表現は、覚えられましたか?(韓国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

発音記号を見てもよくわからない。」「独学で韓国語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがハングルドットコム韓国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で韓国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP