現地生活・注意点

韓国はコーヒーショップパラダイス

アンニョンハセヨ!

韓国のドラマを見ていると、もうこれでもかという位出てくる場面がありますね。いったいそれはなんなのでしょうか?

韓国のコーヒー事情

そう! 職場でも、自宅でも、コーヒーショップでも…お茶する場面が何度でも登場します。

おいおい、仕事するよりお茶してる時間のほうが長いんじゃないの?と思わず画面に向かって突っ込みたくなることもしばしば。

韓国の人ってそんなにお茶するのが好きなの?って思ったりしませんか?

実はそれ…本当なんです!

 

韓国はショップパラダイス?

ここ数年で韓国はすっかりコーヒーショップパラダイスになってしまいました。

繁華街ではもう右も左も前も後ろもコーヒーショップだらけ、なんていう通りも良く見かけられます。お店の大きさも猫の額くらいの小さいお店から大手のコーヒーショップまで様々です。

大体どこのお店でもコーヒー、紅茶、ジュースにケーキ、ワッフル、ドーナツ、アイスクリームなどが定番メニュー。

値段的には実は結構良いお値段するんですけど、学生からお年寄りの方まで、みなさん気ままにコーヒータイムを楽しんでいます!

私たちも韓国に行ったら、是非、そんな韓国の人の中に混じって、楽しいひと時を過ごしたいものですね。

 

発音に注意

難しいコーヒーの発音

さて、韓国語でコーヒーは「커피」、そしてコーヒーショップは「커피숍」と言います。

で、「커피」はどう発音するのかと言うと、「コピ」。

カタカナで表記すると発音の違いが表せないのですが、韓国語での鼻血(코피)とドリンクの「커피」。この発音が実は私たち日本人には相当やっかいもの……。

」と「」の発音が正しくできたら、アナタはもう立派な韓国人です!

커피」の「」の部分は、大きく喉の奥を開くように意識して発音して下さい。

何の意識もしないで、日本人が普通に「コピ」と言えば、それはまず間違いなく鼻血(코피)の発音になってしまいます。

コーヒーショップで韓国の人の笑いを取らないように、しっかり発音練習をしてから、コーヒーショップに向かいましょう!!

あるいはコーヒーショップをはしごして、道場破りしながら発音練習するのも良いかもしれませんね。

韓国語は日本人向け言語

世界に視点を広げてみても、韓国語の勉強は日本人が一番習得しやすい言語かもしれません。なぜならば、日本人にとって韓国語の発音は他の言語に比べると、とても簡単だから。

また、韓国語の文法は日本語とほぼ同じです。韓国語を学習する外国人は尊敬語、謙譲語、丁寧語が難しいというのですが、日本語にもあるので日本人にとっては理解しやすいこともありますね。

ぜひ、韓国人とレッスンをして韓国通になりましょう!

今回の韓国語での表現は、覚えられましたか?(韓国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

発音記号を見てもよくわからない。」「独学で韓国語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがハングルドットコム韓国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で韓国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP