韓国の文化・習慣・歴史

韓国人男性と仲良くなる・韓国人と仲良くなる方法

皆さんにも、それぞれ理想のタイプがあると思います。

韓国人男性だから日本人男性だからと偏見を持たずに、その人物に対して見てみるといいですね。

韓国人と仲良くなるために

付き合いは言語理解から

私の友達の韓国人男性達は、紳士な方多いのですが、たまに、突拍子もない方もいます。

これは、国籍問わず、どこにでもいると思いますが・・・とにかく、お互いを知ることから始めることが1番です。

それにはやはり、言葉の壁を越えていかなければなりません。まず辞書やネットなどで、単語を覚え話してみるとします。

しかし実際、これが誤解を招くということをご存知でしたか?

間違いやすい例

例えば、「이따가」 「나중에

これで私は、失敗!?したことがあります。

この単語・・・どちらも「後で」という意味です。

しかし「이따가」は、どちらかと言えば、今日や明日ぐらいという「後で」で、「나중에」は、時間がたってもいい「後で」となります。

【勘違いが誤解を招く】

私の失敗は、韓国語の勉強を始めて間もない頃のことです。

グループトークで話をしていたのですが、「나중에」と言われ、私は「後で」と思っていたので、その日、ずっと待っていたのです。

しかし、待てど暮らせど連絡がありません。しびれを切らし連絡してみると、今日ではなく時間がある時と言いたかったようなのです。

しかし、私は、韓国語の勉強を始めて間もなかったので、これらを理解できていなかったのです。

ニュアンスが大切

このように、ある程度のニュアンスもわからなければ、誤解を招きやすいですね。

理解できていないうちからパンマルやネット用語、新造語を使うことは少々危険です。

なぜなら、理解できていないうちに使うと、誤解を招くからです。

私は韓国人の友達に注意されました。

仲良くなった友達にも、未だにパンマルでは話せませんが、友達がパンマルでいいよというので、時々パンマルで話しています。

尊敬語とパルマン

このような経験から、私は年齢関係なく、韓国語は基本的に尊敬語で話しますが、長い付き合いの友達は、パンマルで話します。

日本語でも誤解を招くように、ましてや外国語なので、誤解を招かないよう注意しましょう。

外国人と仲良くなることは、始めはリスクもあるかもしれませんが、文化を理解し、言葉を理解し、ニュアンスまでも理解する心がけがあれば、きっとうまくいくはずです。

勉強と思わず、相手を理解することから始めるといいかもしれませんね。

会話

: 저는 역사에 대해서 관심이 있어요.

私は歴史に関心があります。

: 그래요? 저도 관심이 있어요.

そうなんですか?私も関心があります。

: 그럼 나중에 역사박물관에 같이 가죠.

では、いつか歴史博物館に一緒に行きましょう。

: 네 그러죠.

そうしましょう。

 

 今回の韓国語での表現は、覚えられましたか?(韓国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

発音記号を見てもよくわからない。」「独学で韓国語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがハングルドットコム韓国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で韓国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP