韓国語の発音

パリパリ(韓国語で早く)の正しい発音を学ぶための勉強法

「パリパリ」を韓国語にすると実際は「빨리빨리」ですが、なぜ、「パリパリ」と日本語では言ってしまうのでしょうか・・・?

パリパリ=빨리빨리

この「빨리빨리」を「パリパリ」と表記してしまう理由、それは日本語にパッチムがないからです。

単純ですが、しかしこれを間違って覚えてしまうと大変なことに。意味が通じなくなってしまいます。

カタカナだけを見ると、なんのことかサッパリわからないなんてこともしばしばでてきてしまうのでご注意を。

おすすめ勉強法

【聞いて・見て・発音して】

実際、私は韓国語(ハングル)にカタカナや日本語をふって勉強したことは一度もありません。

聞いて覚えて、見て覚えて、発音してということを何回も繰り返しました。もちろん、現在でもこれは同じです。

【正しい日本語力も重要】

勉強していくうえで、大切なのは日本語から離れて韓国語を学ぶということです。また、母国語である日本語もしっかりと話せなければなりません

なぜなら、最初はどうしても日本語で考えてから韓国語になおすため、主語や述語などしっかりと使えないとダメなのです。

【韓国語は曖昧さ回避】

日本語と韓国語は似てるから簡単だと思っている方は要注意です。

韓国語は時制に対してハッキリしている言語に対し、日本語は時制に対し曖昧な言語なため、間違えやすい部分がたくさんあります。

まずは、日本語も見なおしてみましょう。そこから、外国語である韓国語を話してみることをオススメします。

【スラングは控えめに】

また、最近よく見かけるのは、初心者の方が簡単に韓国語のネット用語を使ったり、可愛いからといって、韓国人のように縮約して使ったりというものです。

使ってはいけないということではないのですが、一歩間違えると大問題が発生します。

綴りや意味をよく理解した上で使うことをオススメします。また、安易に使わないようにしましょう。

せっかちな韓国人

【ケンチャナ精神】

話が、「パリパリ」から少し脱線してしまいましたが、皆様もご存知のように、韓国人の気質や性格を表す時、よく「ケンチャナ精神」「パリパリ」など、よく耳にすると思います。

韓国人の「パリパリ」は、時に日本人にとってビックリすることがあります。

例えば、パソコンの速度が遅いとすぐ遅いと言ってみたり(これは実際私が出くわしました)、また車のスピード、運転が荒いなどなど。

【仕事でもパリパリ】

しかし、仕事では、素早く的確に「パリパリ」できたら申し分ないですよね?ものは見ようで、時と場合によって、よくも悪くもなるものです。

韓国人が「せっかち」ということより、TPOで見てみるのもおもしろいかもしれません。

是非一度皆さんも別の角度から見てみると新しい発見があるかもしれませんよ!

会話

: 이 과장님이 그 자료를 빨리 제출하래

李課長がその資料を早く出してって

: 네 알겠습니다.

はい。わかりました

: 빨리 가봐.

早く行きな

: 왜요?

どうしてですか?

: 이 과장님 성격이 좀 그래서요.

李課長の性格がちょっとそういう性格だから

 今回の韓国語での表現は、覚えられましたか?(韓国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

発音記号を見てもよくわからない。」「独学で韓国語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがハングルドットコム韓国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で韓国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP