韓国の流行事情

韓国の若者たち流行語(流行り言葉)事情

今回は、最近の韓国での流行語や新造語を取り上げてみたいと思います。

韓国の若者たち流行語(流行り言葉)事情

言葉は日々変化

やはり、日本と同様、多くの若者たちが使っているようです。

日本でも「流行語大賞」があったり、高校生が使っている新造語など、時代とともにどの国でも言語は日々進化し続けています。

もちろん韓国でも毎年、流行語や新造語が話題となり、とくに流行ったりすれば日本にまで聞こえてくる場合がありますよね?

それだけ、影響力がある単語ともいえるのではないでしょうか?

流行語と新造語

では韓国での流行語や新造語はどのようなものがあるのでしょうか。

今回、単語は韓国語、意味は日本語で解説していきたいと思います。

縮約したり合成したりと様々ですが、基本的にはやはり、SNS上やインターネット上で使われているようです。

1.뇌섹남

脳がセクシーな男。すなわちIQが高く頭脳明晰である男性を意味する言葉

2.핵노잼

本当に面白くない。史上最高に面白くないという意味

3.금사빠

恋愛のスタイルを話すときよく使う新造語。「금방 사랑에 빠진다」の縮約語。

4.인생템

それぐらい人生において最高だという意味

5.빽박캔드

「二進も三進もいかない」と「できない」の合成語

6.딥빡

깊다」と「빡치다(화나다)」の合成語。とても怒った状態

7.여사친/남사친

恋人ではない性別が違う友達という意味

8.앱등이

アップル製品(iPhoneやiPadなど)に熱狂する人の事

9.관종

관심 종자」の縮約。インターネット上で注目を受けるため、悪質なコメントをする人の事

10.승려계

恋愛に関心がない男。「초식남」のアップグレードバージョン

いかがでしたでしょうか?面白いですね。

意味を理解する必要性

誤解を回避

ただ、このようなインターネット上で多く使われる言葉は、しっかり理解してから使ってほしいと思っています。

なぜなら、知らない人やネット上だけの付き合いだけでは誤解を招きかねません。

また、全ての韓国人が使っているわけでも、理解しているわけでもありませんから。

筆者である私もわからないものばかりでした。

興味のある方は、ご自分で調べてみるのもいいでしょう。他の流行語や新造語も見つけられると思います。

言葉はコミュニケーションの一つである一方、使い方を間違えると問題が発生しやすいのも事実です。

母国語でも間違った認識があったりしますから・・・

ネット社会の弊害

しかしだからと言って、今の時代はネット時代です。

韓国のネットの書き込みなんかを見ても、ネット用語のオンパレードなんていうことも少なくありません。

また分かち書きをしていないこともあり、意味がわからないなんてこともしばしばあるのではないでしょうか?

韓国人の友達がいれば聞いてみればいいのですが、なかなか聞けない場合には、覚えておくだけでもいいかもしれませんね。

毎年作られる流行語や新造語に注目しながら、現在、何が流行っているのか先取りしてみるのもいいのかもしれませんね。

韓国にいなくても情報はどこでも手に入れられるものとなっていますから、ちょっとだけ意識してみてくださいね。

会話

: 어떤 사이트에서 유행어를 봤는데 젊은이들이 쓰는 말은 정말 어렵네.

あるサイトで流行語を見たんだけど、若者たちが使っている言葉って本当に難しいね

: 그러게…

そうだよ

: 그래도 우리도 10대 때 그런 말을 자주 썼잖아.

まあ、でも私たちも10代の時、よく使ってたじゃん

ハングルドットコム韓国語教室

今回の韓国語での表現は、覚えられましたか?(韓国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけで韓国通になれる無料のメールマガジン

  • 韓国人の友達がほしい
  • 韓国の文化や習慣をもっと知りたい
  • 韓国語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まず韓国人がどんな人かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • ポジャンマチャ(屋台)は、韓国人の総合病院?
  • 友達から「ご飯おごってよ」と言われたら、あなたなら、どう思いますか。?
  • これが、韓国の嫁たちの結婚生活だ!
  • 韓国人は、なぜ女性同士腕を組んで 歩くんですか?
  • 無料メールマガジン

    朝鮮王朝・朝鮮歴代王~第二十七代王までの歴史前のページ

    韓国の就職事情次のページ

    最近の韓国語レッスン

    PAGE TOP